CBD Vegan

大麻がん治療研究

2016年5月20日 世界では、医療用としての使用が認められていたり、嗜好品としての使用を合法とする国も存在している「大麻」。日本では違反薬物として厳重に規制され  大麻に含まれるΔ9-テトラヒドロカンナビノール(以下、THC)は脳内の 大麻の常習的あるいは長期使用による精神の変調に関する研究は多数ありますが、 Battistella et 食欲増進など)はいずれも対症療法であり、原疾患の根本的な治療法ではありません。 2015年8月21日 米国立がん研究所が、がん治療で大麻使用を推奨する新たな説を発表した。血管新生の抑制効果、がん細胞を死滅させる効果があることが分かったという  2016年6月30日 大阪大学大学院医学系研究科解剖学講座(分子神経科学)の木村文隆准教授を中心 本成果は、大麻や危険ドラッグが脳に悪影響を与えることの科学的根拠を明らかに また、脳損傷や認知症の治療薬につながる可能性も考えられます。 当事者、ご家族はもとより、研究者やご関心のある方のご参加をお待ちしております。 麻学特別講座・医療大麻によるがん治療の可能性~研究の成果と臨床の立場から~  欧米を中心に「医療大麻」が注目されている理由。がん治療にも … 米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという欧米諸国の研究発表をまとめたもの。今日、医療現場において使用される大麻の有用性を改めて人々に伝えようとしています。

当事者、ご家族はもとより、研究者やご関心のある方のご参加をお待ちしております。 麻学特別講座・医療大麻によるがん治療の可能性~研究の成果と臨床の立場から~ 

がん治療に大変革をもたらした2つの研究~がん免疫療法のいま …

2012年9月26日 新しい研究が、マリファナに含まれるカンナビディオールやTHCの有効性を マカリスターはまだがん患者にこの治療法の効果をテストするための資金を 

2018年のノーベル生理学・医学賞を共同受賞した、本庶 佑氏(京都大学高等研究院 特別教授)とJames P. Allison氏(テキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンター 教授)が、現地時間の12月10日(日本時間 12月11日未明)、授賞式に出席した。 両氏の研究成果は、がん免疫療法の発展に大きく寄与 … 国立研究開発法人 国立がん研究センター | 国立がん研究センター 希少がんセンター共催イベント 絶対に諦めてはいけない「中皮腫」治療24時 を2020年3月15日(日曜日)に開催します 2020年1月30日 プレスリリース 【多目的コホート研究(JPHC study)】大豆食品、発酵性大豆食品の摂取量と死亡リスクの関連

研究:癌細胞はカンナビス(大麻、マリファナ)に触れると自殺 …

大麻治療の成功と副作用の少なさ両方を考慮し、研究者は「医療用大麻は線維筋痛症状の治療のための安全で効果的な代替法であるように思われる」と結論付けました。 研究結果には、以下の記載がなされ …